音葉の会とは?

ハーブ(薬草)は、それ自体が自己の治癒力を高めるものであり、心と体双方に効果が得られ、1000年以上前から治療薬として用いられていた事をご存知ですか? 西洋ハーブや東洋での薬草は煎じて服用したり、応急処置として使用したりと身近なものでしたが、今では雑草扱いされた様相を呈していますよね!

大分県臼杵市に嫁入りし、子育ての合間に様々なアロマ講習会に参加しアロマテラピスト資格を取得した愛媛県生まれのハーブ大好きな大戸代表

大戸代表とハーブに興味を持つ参加者が、『やさしい薬箱』と題したアロマ教室で出会い、各種精油ハーブの作用に応じて様々な塗布タイプのジェル(安眠ジェル・自律神経調整ジェル・肩こり腰痛ジェル・美白ジェル…)やマッサージオイルなどを作りながら、皆でハーブティーを楽しみ、地元産野菜で作られた料理に興じている時、「無農薬で良い土に育った薬草がそこここあるのを利用して『体にやさしい薬草茶』を作りたい」と言う思いが重なり、音葉の会として活動する事になりました。

メンバー全員が臼杵市在住も メンバーのほとんどが市外・県外での生活を経験しているから臼杵市の良さが分かるんです。
山あり海ありで、自然豊かな所 江戸稲葉藩の時代から質素倹約な生活環境 現在は健康寿命を上げる取り組みが盛んに行われています。その一つに有機農法へのこだわりがあります。安心安全を担保するために土づくりの開発を進めて「夢堆肥」作り上げました。そんな土で育った野菜は大変人気だと聞いています。
私たちの薬草ハーブもその土で育ったものを使用して、丁寧に素材の良さを生かした乾燥処理を施して作り上げています。また栽培・収穫・乾燥・加工を一貫して行っていますので、全てを知り尽くしており、自信をもってお勧めできます。
この薬草ハーブ茶の良さを私たちは一人でも多くの方に知って頂き、心と体の健康維持のためのお手伝いをさせて頂きたいと言う思いに尽きます。

 


メンバー紹介 (製造者の顔が見たいでしょ! 恥ずかしながら…)